レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

「ぜってーねーよ!」審査に納得いかないSIMON JAP!フリースタイルダンジョン解説(放送日2018年3月6日)

f:id:asukaksk:20170809194150j:plain

2018年3月6日放送(放送日は3月7日早朝)のフリースタイルダンジョンの感想・考察です。スミマセン!最近珍しく忙しかったので更新が滞っていました。

前回放送のラスボス般若戦まで辿り着いたPEKOとの闘いから興奮冷めやらぬ今回は誰がチャレンジャーとして現れるのか!なんて思っていたところ自分の大好きなSIMON JAPが登場したのですが・・・

【放送毎随時更新・ダンジョン考察・感想はコチラ】

フリースタイルダンジョン カテゴリーの記事一覧 

 

 

超カッコいいクルー、彩-IRODORI

今回最初のチャレンジャーは埼玉県蕨市をレペゼンするクルー『彩-IRODORI』のメンバー喰吐KOOPA(クッパ)です。前まで名前がKOOPAだったんですけどここ1年くらいで漢字表記に変わってますね、放送では両方書いてありました。

この彩-IRODORIというクルー、ラップがめちゃんこカッコいいんですよ。確か数年前までは6人メンバーだったんですが2017年前半からは喰吐・スナフキン・LAYGANの3人での活動となっています。

相棒のスナフキンはMCバトルでも大活躍しているので有名ですね。彩-IRODORIの音源はYOUTUBEにも上がってるので是非ともチェックしてみて下さい!

 

喰吐もスナフキンに負けずMCバトルでもここ最近ノリにノっています。2017年度のUMBでは埼玉予選を勝ち上がり県代表となっていますし、KOK2017でも決勝チャンピオンシップのメンバーに選ばれていますね。

切れ味鋭いディスもできるしグルーヴに乗せたフロウ重視のラップもカッコよく、即興でありながらフリースタイルでの彼のラップはムラがなくハズれがありません。ファッションも結構自分の好みと被るので個人的には見た目も好きだったりします。

 

 

KOOPA vs 裂固

喰吐を迎え撃つのは裂固です。ダンジョンモンスターとして裂固は一時期の不調(って程でもないですが)を抜けてからは調子上がってきてる感じですね。しかし喰吐の最近の勢いもかなり凄いですから、これはどうなるかって感じでしたね。

 

今回の裂固もいつも通りガッチガチの押韻で相変わらずウメ~とは思いましたが個人的にはいつもより「ん~、まあ」って感じでした。でもコレは露出の回数が多い事で自然と求めるものが多くなって厳しくなってるだけだと思います笑。

一方、喰吐はやはりセンスあるグルーヴに乗せたフィジカル的にめっちゃカッコいいラップを披露していました。今回初めて思ったんですがメロウな部分で声を軽く張り上げるところは志人(シビット)を彷彿とさせるものがありますね。

「誰々っぽい」って言われるのはアーティスト本人からすればあまり言われて嬉しいものでもないかもしれませんが、あの声はホントカッコいいですね!韻も固いので相変わらず安定したパフォーマンスです。

 

勝敗の方は2-1で裂固の勝利でした。審査コメントを聞いた感じ口喧嘩的な言い負かし合いの勝負では裂固のディスが上回っていた感じがしたのでその部分で勝った印象を受けましたが、個人的にはラップフィジカル的な部分押しで喰吐に挙げたいところです。いずれにせよハイレベルな接戦でしたね。

 

 

復活のSIMON JAP

喰吐が初戦敗退し次は誰かと思っていたんですがまさかあの男が現れるとは!登場したのは日本語ラップ界屈指のギャングスタSIMON JAP(サイモンジャップ)です。2014年いっぱいでバトル引退宣言をしましたがここ最近またMCバトルに戻ってきた感がありますねっ。

 

ちなみに番組の紹介では「彼のバトルスタイルの特徴は押韻」と紹介されていましたがやっぱりそれ以上にSIMON JAPの持ち味は彼のキャラクターそのものにあるんじゃないかと思います。

確かに即興性や多種のフロウ、押韻の上手さなどのテクニック部分でも全国屈指のレベルであることは間違いありませんが、「俺はこうだ!」と等身大を表現する、『ラップ』ではなく『HIPHOP』なスタイルがとても男らしくてカッコいいのです。

 

 

SIMON JAP vs ACE

SIMON JAPを迎え撃つのはACEです。SIMON JAPの冒頭の「2代目モンスターについてどう思いますか?」の質問の一幕が良かったです。

ACEについて「茶ラッパラッパー」

呂布カルマについて「柄シャツトカゲ野郎」

FORKについて「知らねえ」

いいですね~やっぱ彼ほど悪役が似合う人はいません笑。

 

さてバトルの方はと言いますと、ラップスクールを開催しているACEに対しSIMON JAPが放った「お前それでラップ教えてんの?ふざけんな、HIPHOPは学校で習うものじゃねえ!」ってのは強烈でした。

あとはやっぱあのオラオラ感がいいですね~、まああれでも数年前の2、3割くらいですがねw。あの頃より落ち着いた感じがしますし、さすがにもう最近は彼の機嫌を損ねるようなラップをする人もあんまいない気がします、恐いしね(^-^;

一方のACEも引退宣言からバトルに復帰したSIMON JAPに対しての「辞めてから戻るのはリアルじゃねえ。それはB-BOYの美学じゃねえ」というラインも光っていましたし、パンチラインまでのつなぎのラップも韻踏みまくりで相変わらず上手すぎです。

 

で、第一ラウンドはどっちかと言うとACEかな~なんて思っていたらまさかのACE一発クリティカル勝ち!SIMON JAPはやろうと思えばもっとテクニカルなラップも出来るんですがあえて今回はそうしなかったっぽいですね。

これがダンジョンの番組の色や審査員基準からすると仇になった感じがありますね。テクニック面ではACEが圧倒的に上回っていましたからその部分が大きかった印象です。でもまさかクリティカルとは思いませんでした。ERONEはサイモンに入れるかな~なんて思ったんですがね。

一発で負けたSIMON JAPはかなり納得いかない様子で審査員のコメント聞く前に「イジメじゃないのコレ?ないでしょ~。ぜってーねーよマジで」と言いながらZEEBRAをシカトして去っていきました

 

いやぁ~もうちょい見たかったな~SIMON JAP。呂布カルマとの再戦とかマジ面白そうだったのに~、ここ逃すともう2人が戦うチャンスなさそうだったんだよな~・・・すみません、最後はボヤいてしまいましたが、今週の放送はまあまあって感じでしたかねッ。来週も一緒に楽しんで見ましょうね!

 

【次週放送分の感想・考察はコチラ】