レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

宣戦布告!HIPHOPシーンを賑わせたディス曲を紹介する【日本語ラップ・ビーフ】

f:id:asukaksk:20171226190929p:plain

つい先日の記事【質問「なんでHIPHOPは批判し合うケンカみたいなものを肯定するんですか?」【ディス】】ではHIPHOPにまつわるディス(批判)文化について軽くですが解説させていただきました。

洋邦問わずラップシーンではリスナーにとって良くも悪くも1つのエンターテイメントとなっているワケです。

 

しがらみから対立状態になる事をHIPHOPではBEEF(ビーフ)と言いますが、ラッパー同士がビーフ状態になった場合『ディス曲』と言われる相手に対する批判を吐き出した音源を発表する事があります。

普通の音源の中に一言二言、または1バースだけ添える場合もあれば、一曲丸々書いているものもあります。

また、その発端も実際に揉め事や意見のすれ違いから来るものもあれば、面識はないけど名を売るために大物への批判曲を発表する『売名ディス』と言われるものもあります。

ビーフが勃発すると巷はざわつき始めるワケですが、今回はシーンを賑わせたディス曲を何曲か紹介しようと思います。

 

 

キングギドラ / 公開処刑

この曲がおそらく日本のヒップホップの歴史上一番有名なディスソングかと思います。キングギドラのZEEBRAが当時ラッパーとしても活躍していたドラゴンアッシュの降谷建志(kj)に強烈な批判を浴びせた曲です。

この曲を理由にDRAGON ASHはラップを一切しなくなってしまいます。また当時は『他人を批判する曲を発表する』というディス文化への耐性がファン側も薄かったためにリスナーへの刺激も強かったです。

ZEEBRAだけでなくKダブシャインも当時オリコンチャートにランクインしていたRIPSLYME、KICK THE CAN CREWへディスを送っている事からも非常に騒がれた曲となりました。

 

 

SEEDA・OKI / TERIYAKI BEEF

これはm-floのVerbal率いるラップグループTERIYAKI BOYSのアルバムタイトル曲『Serious Japanese』 の曲中でSEEDA(シーダ)の楽曲『SAI BAI MAN feat.OKI』の歌詞をパロディとして使った事が発端となっています。

『Serious Japanese』 のVerbalのバースでの2人への批判とも取れるような歌詞や、曲の最後のアウトロの部分でのコソコソ会話などを受け、この曲を聴いた2人がそれに反応してできたのがこの曲です。

 

この後にVerbalはポッドキャストにSEEDAを招いて話し合いで解決しようとします。「あの曲は君へのディスではないし、日本でビーフというのは建設的ではないと思う」という主張でした。

個人的にはそれまでVerbal結構好きだったんですが、このポッドキャストのやりとりを聞いてVerbalに幻滅してから興味を失ってしまいました。コレ見るといつも猛烈にハンバーガー食べたくなります

 

 

TOKONA-X / EQUIS.EX.X

この曲は今は亡き名古屋のドンTOKONA-Xが北海道のtha blue harb(ザ・ブルーハーブ)のILL BOSSTINO(旧BOSS THE MC)に向けて発信された曲です。

この時代のHIPHOPはストリートラップが流行り各地でアウトロー集団が台頭していた時期なのですがその中でも名古屋のHIPHOPは特にイカツくイケイケな事で有名で、その中心にいたのが彼TOKONA-Xです。この曲の歌詞の内容はかなり危険で

『お前どつき回したるでな、RAPで勝負?眠たー事言っとんな』

『アッパー、ダウナーいまだに好き嫌いなく喰っとるぜ程なく。(クスリが)キレ目ん時だけは避けてかなお前コラ、何するかわからんぞ』

『おつき合い、ど突き合いで始めるか?』

 

名古屋弁でまくし立てるシャレにならん一曲となっています。この曲の内容があまりに過激なので当時は大騒ぎになり、色々なところで真偽のあやふやなデマ情報などが飛び交いました。

ただ、ラップ自体がとてもカッコイイので歌詞の内容を気にせず単純にノリのいい曲として聴くこともできます。

 

 

dodo / サ上しね

dodoは『第3回高校生ラップ選手権』にも出場した若手でしたが、そんな彼がフリースタイルダンジョン初代モンスターでもある(この当時はまだダンジョン放送開始前)サイプレス上野に対し突然放たれたディスソングです。

かなりストレートなタイトルですね笑。サイプレス上野はこの曲がアップされた翌日にアンサーソング『サ上、死んだってよ。』をアップし、シーンを盛り上げました。

 

ファンから見るとdodoが全く関係なさそうなサ上をいきなりディスしたので完全に売名ソングかと思いましたが、歌詞から察するに2人が会話中サ上がdodoに「〇すぞ!」と言い「言ったからにはちゃんと〇せよ?いつ来るの?早くしてよ」みたいな感じです。

これに対するサ上のアンサーソング『サ上、死んだってよ。』では「酔っぱらってて覚えてないゴメン。よかったら今度ソープ奢ってあげるよ。ところで君誰だっけ?」といった内容になっており、忙しい中1日でコレを作ったのも凄いなと思いました。

 

説明だけだと穏やかではない感じがしますが、2人のキャラもあってか先の3曲と比べるとそこまでピリピリ感はなく結構聞きやすいかと思います。