レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

FORKの『若手レクチャーラップ』は難攻不落!圧倒的強さで無敗記録更新!フリースタイルダンジョン解説(放送日2017年12月12日)

f:id:asukaksk:20170809194150j:plain

2017年12月12日放送(放送日は12月13日早朝)のフリースタイルダンジョンの感想・考察です。予想ではこのまま30日の特番まで予告されていたドラフト等でバトルはお休みかと思っていましたが、今週は通常放送でしたね。誰が出るのか楽しみでした。

 

【放送毎随時更新・ダンジョン考察・感想はコチラ】

フリースタイルダンジョン カテゴリーの記事一覧 

 

 

京都のハイテンションMC 歩歩

最初のチャレンジャーはMCバトルシーン京都の強豪歩歩(ぽぽ)です。『UMB2014』大阪予選決勝のR-指定戦は今でもファンの記憶に残る名勝負となっていますね。

関西訛りの押韻と高いバイブスが武器で、とりあえずいつもテンションがめちゃくちゃ高い印象があります。上記のR-指定とのバトルでも試合中に観客席に飛び込んで「お客さんに迷惑かけんなや!」とか言われてましたし笑。

 

それから、京都府京都市内にあるアーティスト養成スクール『NEST KYOTO』のラップ科の講師もやっているみたいですね。

ラップの他にもこのスクールではボーカル科、ギター科、作詞作曲科、ダンス科などなど、様々なジャンルについて学ぶことができるようです。興味がある方で近所に住んでいる人は是非とも行ってみよう!

 

あと歩歩はラップバンド、ストロベリーパンティーズのMCでもあります。元気をもらえる曲が多いので音源まだ聞いていない方は是非チェックしてみてください。

 

 

歩歩 vs 輪入道

歩歩の最初の相手は輪入道です。歩歩のテンションにつられてかどうか分かりませんが輪入道がしょっぱなから超ハイテンションなのがウケました。

輪入道が先行で「客席に飛び込むくらいじゃないと俺には勝てねえ」みたいなフリをしたので、次のターンで歩歩がほんとに客席ダイブやるかと思いましたがそれはなかったです。

そしたら輪入道が次のターンで「お前会場ぶっ壊すとか言っといてここ(ステージ)だけか?」とまたフリ。歩歩、今度こそダイブかと思いきや審査員席までダッシュ!ステージにまたダッシュで戻ってきてヘッドスライディング!

輪入道も負けじと寝っ転がってぐるぐる回転したままラップ!次のターンでも歩歩が尻もちついたと思ったら輪入道がお尻振ったりなど、フリースタイルダンジョン史上もっともテンションの高いバトルとなりました笑。

 

とりあえず2人が暴れ過ぎてて初見ではラップに集中できなかった・・・

 

何が凄いかって後でもう一度見返して思ったんですが、これだけ暴れまわりながらも2人のラップのクオリティが高い事です。歩歩はバイブスに注目が行きがちですが押韻技術はもともと凄く高いのでラップが普通に上手いです。

輪入道も相手の土俵に上がりながら自分のラップをキッチリこなすところはさすがとしか言いようがありません。審査員コメントでもこの辺を評価しており判定は2-0で輪入道に軍配。彼は本当に安定感ありますね。しかし凄いバトルだった・・・。

 

 

ハイレベルなライム、ビートアプローチ D96

次のチャレンジャーはここ1年くらい『戦極MCバトル』で活躍し知名度を上げているホープD96(でぃーくろ)です。若手ながら独特の雰囲気を漂わせる最近の注目株の1人です。

個人的なイメージとしては''まさに最近の若手正統派スタイルの筆頭''という印象です。倍速で踏む押韻に加え所々ビートに合わせた変則フロウを入れてきつつ、相手の言った事に上手いアンサーを返す頭の回転などテクニック面で申し分ない実力を持っています。

ファッションもオシャレですし、『高校生ラップ選手権』のフォロワー中心の若い年齢層のリスナーがいかにも好みそうなスタイルという感じですね。とにかく上手いです。

ラップ歴2年なんですね!凄い!自分はまだチェックしていませんが早くもアルバムをリリースしているという事で今後どういった活躍をしてくれるのか期待したいMCです。

 

 

FORK vs D96

D96の相手は無敗記録更新中のFORKです。D96のスタイルからすると相性的には最悪の相手の様に思います。FORKが『若手レクチャーモード』に突入してしまうと、若手は何を言ってもどうしようもない状態になってしまいます。

いかに倍速で韻を踏もうが、ビートアプローチが上手かろうが、どうしてもフォークの存在感と説得力の前にかき消されてしまい『上手い』という武器でフォークを倒すのは至難の業です。それに加え韻が固いので手が付けられません。

 

試合はまさにそれを象徴する展開となります。D96は若さ溢れる主張に加え倍速ライムをしっかりと踏み、ビートにしっかりと乗ったフロウでカッコいいラップを披露していました。

そしていつものようにレクチャー開始したFORK。ここで呂布カルマの言葉を借りよう。

言葉のウエイトに差があり過ぎる!D96が何を言っていたか忘れるほどにフォークのラップが全てを上書きしていました。

 

『まるで入ってこねえよコイツの話、客は棒立ちまるでカカシ、見てるとなんだか俺の方まで悲しい、お前はまだまだ剥けてない蛹。カタチ、より中身、人は鏡、見据える高み、ヘッズは興奮して前かがみ。俺は中身がオリジナル、俺が勝ってまた深夜2時になる』(深夜2時はフリースタイルダンジョンの放送が終わる時間)

 

いやいやいや( `ー´)ノ

やべーだろコレ、一晩考えて書いた歌詞みたいになってますがな・・・韻も超固い。フォークのプロップス補正に加え即興でこんなんカマされたら相手にとってはなかなかキツイです。

D96が先行を取ったのは素晴らしい気合いですがそのせいでフォークの後行最終バースでコレが決まってしまい、より圧倒した印象を残してしまいました。

 

結果はフォークの1発クリティカル勝ちです。今回もクリティカルで無敗記録を更新しました。あの2バース目は神懸ってカッコ良かったですね。

 

 

今日も中々の当たり回だった

歩歩vs輪入道もかなり面白いバトルでしたし、何よりFORKがカッコよかったです。ここ最近の放送は退屈な回がなくて(先週の再放送・・・|д゚))毎回面白いバトルが見れますね。

予告の感じだと来週まで通常放送でその次にドラフト、それで年末の特番という流れですかね?来週は誰が出るのか楽しみですね。

 

【次週放送分の感想・考察はコチラ】