レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

これ読んで知ったふりしろ!MCバトルの歴史に大きく変化をもたらした革命期2010年前後の話をする

f:id:asukaksk:20171110194746g:plain

最近は本当にフリースタイルラップバトルが流行っていますね。フリースタイルダンジョン高校生RAP選手権の影響もあり、今までラップに興味のなかった人もコレをきっかけにHIPHOPに興味を持つ入口になってくれるのは大変嬉しい限りです。

最近ラップに興味を持った人は意外かもしれませんが、このMCバトルという存在は昔はここまで注目されていませんでした。さらに遡るなら2000年代前半以前はフリースタイルのスキル自体にファンもそれほど興味がないって感じでした。

それが今や逆にバトルしか見ないファン『バトルヘッズ』と言われる人たちが現れたり、『ラッパー=みんなフリースタイルできる』といったイメージが定着し始めるまでとなりました。

この辺の歴史の変化を今日は語っていきますのでまあ暇な人は読んでみて下さい。

 

 

ファンもフリースタイルに興味がなかった当時

2005年の『UMB』が始まる以前、それこそKREVA(クレバ)がまだ『B-BOY PARK』で活躍していた頃はファンの関心度は「MCバトルっていう韻を踏みながら口喧嘩する大会があるらしい」「へぇ~」くらいな感じです。

今よりネットも普及していませんでしたし、バトル自体マイナーな存在で「わざわざ現場まで見に行ってまでフリースタイルバトルだけを見たいとは思わない」というファンが大半だったと思います。

もちろん当時からMCバトルは『B-BOY PARK』の目玉イベントだったので盛り上がってましたが、現在と比べたら注目度はかなり低かった事は間違いありません。

 

 

あくまで力比べの余興だったMCバトル

2000年代と2010年代ではMCバトルというものの在り方が少し違います。2000年代後半くらいまではアーティストとして活動しているラッパーのテクニックの力比べ的な側面が強かったんです。

AK-69の言葉を借りるならサッカーで言うところのリフティング大会であり、ゴルフで言ったらドラコン(ホール内での飛距離を競う)、野球で言ったら遠投みたいなものでしょうか。

あくまでメインは音源やライブ(サッカーや野球の試合結果、ゴルフのスコア)でありそれは補助的なものという位置づけです。

 

フリースタイルというのはバトルに勝つためにやるものではなく、ラッパーとしてのスキルの底上げのため、トップオブザヘッド(即興)で自分を表現するための技術を磨くためのものというものでした。

 

 

『バトルMC』の出現で競技性が増した

この在り方が大きく動いたのは2000年代後半から2010年前後、晋平太が再びMCバトルに戻ってきたあたりの時代です。ここら辺で歴史が大きく動きます。

今まで補助的な活動だった『MCバトル』というものをラッパーとしてのメイン活動にする人達が一気に増えたました。''バトルMC''と言われる人たちの登場です。

 

バトルに勝つ事に特化したMCがたくさん現れた事で、この時期からフリースタイルのテクニックが急激に進化し始めます。まさにフリースタイルライミングテクニックのバブル時代が到来したという感じです。

 

この歴史の変化についてハハノシキュウが面白い例えをしています。「誰も喧嘩の練習なんかしていなかったのに、格闘技のジムに通って練習をする奴があらわれた。『それはズリいよ』ってなってみんながやり始めた」

これは非常に上手い例えです。『等身大の自分』を表現するはずだった即興ラップが徐々に『勝つためのテクニック(格闘技を習う)』なしでは認められなくなってきたという感じですね。

 

この流れを受けファンも今までに見た事のない神業的な即興ライムがバトルでたくさん聞けるようになり、徐々にバトルの人気に火がついていき今のバトルブームにまで加熱したという流れです。

さらにこの技術の進化により競技性がどんどん増していった事で昔にあったアンダーグラウンド感が減ってよりポップな存在になったという面も人気を後押しした要因の一つかと思います。

 

 

 

 

多ジャンルにはない売り出し方ができる

このMCバトルというものが大きくなった事で、『ラップ始める』『バトルで活躍する』『リリース前に評価・知名度を得る事が出来る』『音源中心の活動に移行する』という日本のHIPHOP界独特ののし上がり方が出来るようになりました。

いわゆる既存のスタイルであるノーギャラ、赤字で地道にライブ活動して・・・という道以外にも方法が出来た事はプロの音楽家を夢見るアーティストにとってはとても魅力的です。

 

でもホント最近の若い人は上手いです!ビックリするくらい上手い!頭の回転もやっぱり若い方が速いんですかね?全然無名の人とかでも「ウマっ」って人たくさんいます。

コレ幼稚園とかからやってたらどういう脳みそになるんだろう・・・幼稚園でサイファー(数人で丸くなってフリースタイルラップで会話する)とかやってたらやっぱ親御さんからクレーム来るんだろうか笑