レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

MICHINO【ラッパー解説】ワルいお姉さんは好きですか?国内で一番ドープなフィメールラッパー。

f:id:asukaksk:20171109204116g:plain

今回は地元宮崎から上京し現在は池袋BEDを拠点に活動するDOPEで丈夫なフィメーラーことMICHINOさん(みちの・以下敬称略)の紹介です。

今まで紹介してきたラッパーの中で今のところ一番知名度の低いラッパーかもしれないです。彼女の知名度が低い事が俺には捨て置けないので微力ながらフックアップさせていただこうと思います。

自分はラップはどちらかといえば男っぽいのが好きなので、フィメールに超お気に入りのラッパーがいるかと言えばパっと出てこない・・・HIPHOPは美人が多いので女性として魅力的な人が多いんですが、ハマったアルバムがあるかと言われればそんなに多くないです、まあそれは自分の主観なんでアレですが。

でもこのMICHINOの姉御は俺にとって別格の存在なのです、なぜかって?それはメチャクチャ男らしいからだ!って事で今回はそんな彼女の魅力を解説させていただきます。

 

 

イケイケ女子が集うHIPHOP業界

日本語ラップシーンには現在たくさんの活躍しているフィメールがいます。前なにかの記事で言ったかもしれませんが、けっこう男らしい業界なので台頭してくるフィメールはどこか男勝りな自己主張が見え隠れする表現をする人もやはり多いです。

これはそもそもHIPHOPというものがレベルミュージックである事から、主張性が前に出てくるのが必然のジャンルなのでCOPPU(コップ)の様な癒しフィメールの様なスタイルは逆にパンクであるとも言えます。

 

そんなイケイケ女子の巣窟であるヒップホップ界ですが、個人的に男勝り度合いで群を抜いているのが彼女MICHINOだと思います。ここまで男らしいラップをカマシてくるフィメールはなかなかいません。

 

 

カッコイイ女を通り越してイカツい

MICHINOの尖ってる部分と言うのは女性的な自己主張やセクシーさではなく、男の書きそうなリリック、それもストリート出身のドープなラッパーがしそうな表現を歌っているイメージで、ハッキリ言って『女性感』を全く感じさせません。それがカッコイイ!

PVも薄暗い所をただ歩きながらラップしているという非常にシンプルでグレーな雰囲気が漂うものが多く、そこもアングラ感を後押しする結果となっています。個人的にはPVは凝ったものよりこういったものの方がHIPHOPらしくて好きなので非常に俺好みでもあります。

 

あと喋り方とタバコの吸い方のアネゴ感が堪んないですカッコイイです。2017年10月からラッパーKING104と共に始めたYOUTUBEチャンネル『F*CK and PeaceTV』では彼女もMCとして登場しますが口調が完全に男ですwそれもけっこうイカツめの男w。いや~歳とってもアネゴにはこのままでいてほしいかも。

 

 

セルアウトに走らない

MICHINOはラップがめっちゃくっちゃ上手いです。なんでもっと評価されないのかオカシイくらい上手い。そしてルックスも美人です!なので打ち出しによっては人気が出てもおかしくないと思うんですよ。

格好も男っぽいのでそれを女の子らしい格好に変えてキャッチーな内容を乗せたラップをすれば、このスキルがあれば普通に売れそうなもんです。

しかし彼女はそんな事はしない!曲や話している内容を聞いている限り彼女は物凄く硬派ですし自分のスタイルを曲げる事は絶対しないと思うんですよ。『自分自身を表現する』という精神を大事にしているのが伝わってきますHIPHOPですアネゴ!

 

 

ただのフィメールになる気、それはねえ

 

曲紹介は『To MadCity』にしようと思います。決めた事を他のせいにして投げ出してしまいそうになった心の葛藤を歌った曲です。「また東京のせい、自分で決めたのに女々しいぜ、ただのフィメールになる気それはねえ」このライン好きです。

男らしいラップが好きな人はもちろん、自信のない女性とかにも聞いてほしいですね。ここまで突っ切った生き方をしている女性がいるって事で元気をもらう人もいると思うので気になった方は是非チェックしてみて下さい。

 

他にもたくさんのラッパーを語らせてもらってます。良かったらこちらから覗いてやって下さい。ラッパー解説 カテゴリーの記事一覧