レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

ネットでイジられまくったFRANKENの人気が凄い!フリースタイルダンジョン呂布カルマ戦から一転

f:id:asukaksk:20171006133918g:plain

フリースタイルダンジョン新シーズンの第一回放送(2017年8月8日)で登場した築地市場の魚売りラッパーFRANKENさん(フランケン・以下敬称略)は超高速の韻が武器のマシンガンライマーです。

 

呂布カルマの2代目モンスターの最初の相手として戦い韻の速射砲を乱射するもスーパーヘビー級のパンチラインには及ばす一発クリティカルで退場させられてしまいます。

このバトルは今の最前線のトレンドを走る呂布カルマダンジョン初陣のインパクトも相まってかなりの話題になると共にフランケンがネット上でネタにされまくるという状況が発生しました。

最初は噛ませ的扱いでバカにされていた感じでしたが、最近は彼の誠実な人柄がファンに認知され始め愛されキャラとなりつつあります。

 

【8月8日放送分の解説はコチラ】

 

 

呂布カルマ戦後ネタにされる

上の記事でも解説していますがあのバトルはフランケンが呂布カルマに一発クリティカルで負けてしまいます。スタイルの相性の悪さもあり呂布カルマ圧勝の印象を残し放送は終了します。

放送後はバトルヘッズ達による彼に対する半ばディスに近いコメントやツイートが殺到し、フリースタイルダンジョンでの彼の「お前デコ広いな、お前の口臭屁の匂いだ、ピロリアンが」というラインがネタ的に大拡散します。

 

バトルヘッズ達の待ちに待ったダンジョン呂布カルマデビュー戦だという点や、時代的にテクニック主体の押韻主義神話が終わり始めている事とそれを象徴する勝敗、2人のプロップスや知名度の差などなどの理由で放送終了時はプロップスを下げた様に思いましたが・・・。

 

 

ツイッターでファンへアンサー

前述の通り放送終了後はツイッターにメッセージが殺到するのですが、フランケンはこの人達にフリースタイルでのアンサーをアップします。ファンからの意見や質問にも個々で回答し(もちろんラップで)、同じくディスした人達にもラップで反撃します。

「いつもディスってくれる皆さんありがとう。アリが群がる感じの小動物のリス、効かないディス。素通りすればいいのに素通りできない。フランケンつまんねえとか言ってるけど実は中毒、俺のクランケ。家で両手、広げて俺の人形抱いとけ。そんで俺のラップでオナっとけ」

 

さすがに全部ではありませんが一個一個のツイートにわざわざフリースタイル動画をアップしてくれるというサービス精神!前あげた記事【『フリースタイルハラスメント』って言葉があるらしいじゃないかwwww 】でのプロのラッパーの意見は「自分のラップの安売りはしない」というものが目立った気がしました。

そういった意味では真逆の行動ともいえます。音源出してるラッパーでわざわざツイートの為にファンにラップしてくれる人なんて中々いないですよ。

 

 

好感度のある彼のキャラにファン増加

こういった彼のサービス精神や人間性にだんだんと引き込まれる人が増加し始めています。ネットアンチのディスに一切振り回されない彼の態度や、「私生活ラップ」と称し日常生活でラップをやっている動画で垣間見せる彼の人柄の良さなどの人間的魅力の部分でフォロワーがどんどん増えています。

 

戦極MCバトルのYOUTUBEチャンネルでアップされた楽曲『BOZ IS LIKE』(フリースタイルダンジョン8月29日放送回に登場したBOZをからかう曲)でのハハノシキュウのバースで「フランケンさん見習えよ」の言葉と共に「ピロリアン」という歌詞があったのはウケました。

確かピロリアンって細菌かなんかだった気がしますが日本語ラップ界ではピロリアンはフランケンのための言葉ですねwww『ピロリアン』の予測変換でフランケンって出てくるしwww

 

 

フリースタイルダンジョンもう一回出て欲しい

「彼にもう一回出て欲しい」っていう人けっこう多いんじゃないですかね。新シーズンからのチャレンジャーの中で再挑戦希望のファン投票をもし行なったらかなり上位に入るでしょうね。

つい最近までネタにされていた「お前の口臭屁の匂いだ、ピロリアンが」は今では相当なパンチラインに聞こえるから不思議です笑。あれを今会場で使ったら確実に盛り上がるでしょう。

 

バトルは単純にラップの良し悪しだけで勝敗が決まるわけではないのが特徴で、プロップス(評価や知名度、そのラッパーのキャラの認知度)が物凄く重要です。

今よりフランケンのキャラクターが認知されていなかった放送時と今現在とでは仮に同じラップをしたとしても印象は全然違うでしょう。知られている状態とそうでない状態では勝敗が変わるほどの影響力があります。

 

そういった意味でもプロップスが急上昇しているフランケンが数か月後くらいにもう一回出場したらかなり面白くなりそうなんですよね。

 

 

FRESHで番組開始

ネット配信チャンネル『FRESH』でフランケンの番組『マジでそうさ!!恐怖の私生活ラップ!!』が2017年9月末からスタートしました。ラップはもちろん憎めないキャラと彼の人柄の良さも見ものです。

ちなみにフランケンがMCを務めるラジオ番組RAINBOWTOWN FM79.2の『792TOKYO HOTLINE』は10年以上続いている長寿番組です。大物ラッパーもゲストに呼ばれたりするのでこちらもチェックです。

 

他にもたくさんのラッパーを語らせてもらってます。良かったらこちらから覗いてやって下さい。ラッパー解説 カテゴリーの記事一覧