レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

難しすぎるビートなんだアレ。FORK無双は相変わらず。フリースタイルダンジョン解説(放送日2017年10月3日)

f:id:asukaksk:20170809194150j:plain

2017年10月3日(放送日は4日早朝)のフリースタイルダンジョン感想・考察です。今回はフリースタイルダンジョン史上最高難度のビートが登場しましたね。

 

【放送毎随時更新・ダンジョン考察・感想はコチラ】

フリースタイルダンジョン カテゴリーの記事一覧 

 

 

3度目の挑戦MC KUREI

今日のチャレンジャーは過去2度フリースタイルダンジョンにチャレンジ経験のあるMC KUREI(エムシークレイ)、FORKを見てラップを始めたという22歳の若手です。クレイに限らずこの世代のラッパーはFORKを見てラップ始めようと思った人かなり多いんじゃないでしょうか。

「FORKさんがダンジョンにいるからもう一回やりたい」と話していましたが、その時あんま聞いてなさそうにスマホいじってるフォークになんか笑ってしまいました。

 

クレイの持ち味はスキルを見せびらかすような押韻ではなく、会話しながら踏んでいくトップオブザヘッド(即興性のある)のライミングです。試合前に本人も相手の言葉で踏む事に関しては自信があると語っていましたね。

ジブラも「でもフォークが登場するかは分からないよ」と言っていましたが、ここまで来たらどうせならフォークまで勝ち進んでほしいところです。

 

 

裂固 vs  MC KUREI

クレイの最初の相手は裂固です。さすがにいきなりFORKって事はなかったですね。同世代でしかも双方とも押韻を武器にするラッパーなので、最近の若手らしいテクニカルな試合が期待できます。

 

試合の方は予想通りハイレベルなライムの応酬で一進一退の攻防が続きます。どちらも自分のバースでは相手の言葉を引用してそこから踏んでアンサーしていく高等技術が連発されます。

 

あ、そうそうあとビート、アレはちょっと鬼でしたね。今までの放送の中でもここまでリズムの取り辛いビートはあまりなかったと思います。あまりに高難度で裂固が小節数え間違えてるバースありましたよね?

DJセロリさん、アンタ部活で後輩しごくタイプだね?

ダンジョンに限らずたまにノリ辛いビートでDJが試してくる時ありますけど、これはほとんどトラックを無視してラップするしかないレベルでしたね。このラウンドは烈固が取りました。

 

このお陰で2ラウンド目の聞きやすさハンパなかった笑このラウンドも1ラウンド同様押韻の技術戦になり、個人的にバトル自体は僅差の勝負かと思いましたが判定は割れることなく審査員全員がクレイに挙げMC KUREIのクリティカル勝ちになりました。

最近クリティカル勝ち多い、というかほとんどそうですね。3ラウンド目まで突入する事があまりない気がします。

 

 

FORK vs MC KUREI

次のステージはMC KUREIお目当てのFORKが登場、憧れのラッパーを目の前にクレイの目も輝いています。裂固戦とは違い大きな声で先行を宣言し試合前から気合が入っています。

 

勝負はMC KUREIが「あんたが俺の始まり、でもここでアンタを超える」という気持ちとリスペクトをぶつけていき、バイブスもイイ感じで会場も盛り上がっていました。しかし!この「俺の始まり」に対しフォークは

「始まりが俺なら俺が終わらす、お前のバトルはここでオーラス、背筋を凍らす」という超絶アンサー。さらに「まあなんでもいい、舐めんな。お前が軽々しく口に出せる名前じゃねえんだ、アイスバーンa.k.a.ライムセーバー、客の心震わすバイブレーター」いつものレクチャーモードに突入し勝ちの雰囲気を作り上げます。

第一ラウンドは3対2でFORKの勝利、FORK相手にクリティカルを免れたチャレンジャーは久しぶりです。クレイも相当カッコよかったですが惜しかったですね。

 

2ラウンド目も同様にフォークのレクチャー開始で常時主導権を握ります。ただ、全放送通してここまでのFORKはあまりに完璧だったため、2ラウンド目に何度か見せた甘噛み(言葉にほんの軽く詰まる、軽く噛む)だけでも非常に目立ってしまうのが気になりました。

ピッチャーの松坂(だった気がする)が「あまりに投球が完璧だと、普通なら気にならないほんの小さなミスも目立つ」みたいな事を言っていた気がしますが、ちょうどそんな感じでした。

しかし彼がめちゃんこ強い事には変わりなく、結局このラウンドも4対1でフォークが取り盤石の安定感でチャレンジャーを退け、無敗記録を伸ばしました。今回もカッコいいパンチラインがいくつも生まれましたね。

 

 

まとめ

相変わらずフォーク強すぎますが、立ち入るスキが全くないように見えた彼に、ほん~の少しだけ突破口が見えた気がしなくもない回だったかなと思います。やはり彼と真正面から言葉のやり取りで勝つのは至難の業ですね。

個人的にはナイカMCやMC松島、じょうのようなクセのあるラッパーが、少しふざけた感じで彼の説得力をいなす戦いをするとかなりFORKもやり辛いんじゃないかと思います。ま、理屈で語るのは簡単なんですがね汗。

ってことで来週の放送も一緒に楽しんで見ましょう♪そろそろ呂布さん見たいス。

 

【次週放送分の感想・考察はコチラ】