レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

『HIPHOP』から『MCバトル』は分離していくのか?

f:id:asukaksk:20170910181634g:plain

『フリースタイルダンジョン』や『高校生ラップ選手権』の影響で現在日本ではフリースタイルラップMCバトルが大人気ですね。

元々はラップファンでさえ、わりかしマイナーなものにカテゴライズされていたこのMCバトルが、今ではラップに興味のなかった人まで聞くようになりました。

コレをきっかけに是非HIPHOPの世界に足を踏み入れてもらえたら嬉しいのですが・・・

 

 

MCバトルがヒップホップから分離していく

ラップバトルイベント『戦極MCバトル』の代表MC正社員への質問で「現在のMCバトルブームは今後どうなっていくと思いますか?」という質問がありました。

これに対し彼は「バトルというジャンルがヒップホップと分離すると思います。そこをうまく調整するのが自分達の世代の役目です」という事を言っています。

 

 

『分離する』とは

この''分離する''というのは物凄く極端に言えば、例えば『無敵のMCバトルチャンピオンだけどHIPHOPには興味があまりない、もしくはそんなに好きじゃない』という人が出てくる可能性があるという事ですかね。

だとするならすでにファン層には実際にこういった人達が現れ始めていますね。いわゆるバトルだけに興味のあるバトルヘッズと言われる人達です。Dr.ドレ―もジェイZも知らないけど高校生ラップ選手権の歴代王者はすぐ言える、みたいな。

 

自分は「バトルヘッズよりHIPHOPファンの方が偉い」とかそんな野暮な事は思わないので、好きなものを素直にディグればいいと思いますが、とにかく、バトルシーンが大きく膨れ上がりすぎてHIPHOPという枠から独立し個別のジャンルとなっていくという事かと思います。

こんな事が果たして起こるのでしょうかね?もちろん急には変わらないでしょうが、将来そうなるような、ならないような・・・

 

 

MCバトルは活動の1つでしかなかった

今までMCバトルというのは音源やライブといった1アーティストとして活動しているラッパー同士の力比べ的な側面が強かったと思います。MCバトルというのはあくまでHIPHOPというジャンルが生んだ副産物的なものでした。

アーティストとしての活動あってこそのMCバトルだし、その自分のアイデンティティをフリースタイルに乗せ吐き出し勝負する、その即興性こそがそのラッパーのありのままを表現するという意味でとてもHIPHOPを感じさせくれるものでした。

なのでバトルに勝つための練習のようなものはそもそもしないというのが、ヒップホップ的には正しい在り方でした。

 

 

『バトルMC』という人達が現れて変わった

しかし晋平太やR指定のようなバトル特化型のラッパーが現れて状況は大きく変わり、アーティスト活動がメインでバトルはその活動のうちの1つ、という今までの立ち位置が変化します。

 

バトルに勝つ事に磨きをかけた『バトルMC』が2000年代後半、2010年に入ったあたりで大勢現れ、MCバトルは「表現する」という事ではなく「バトルに勝つ」といった勝ち負けを重視したスポーツ的側面が強くなりはじめました。

ラッパーのハハノシキュウの言葉を借りると「喧嘩の練習なんていちいちするものじゃなかったのに、格闘技のジムに通って強くなろうとする奴が現れた。それはズルいよーみたいになってみんな次々に練習し始めた」

 

ここで日本語のMCバトルというものは技術的に大きく進化し、バトル中のやりとりや駆け引き、返しの上手さなどのスポーツ要素が多くの人に受け入れられ、今のバトルブームへと繋がっています。

MCバトルという場所は自分を売り込む最大のチャンスでもあり、ここで大きな成績を上げれば後の音源の売り上げにも大きく関係してくる事もMCバトルに多くのラッパーを向かわせる要因であるとも言えます。

 

 

そもそもブームは続くのか

バトルが完全にHIPHOPから分離し、一つの名を上げるための場となってロックミュージシャン・アイドル・芸人などのHIPHOP以外のジャンルの人も参戦し始めたらそれはそれで面白い気がしますね。

(ロックバンド、トリプルファイヤーのボーカル吉田 靖直がMCバトルに参戦したり、芸人RAP選手権もすでに開催されています。)

 

Creepy NutsのR指定の別ジャンル版です。「バトルから有名になったロックバンド」「バトルから有名になったアイドル」とかが現れるって事ですね。話を聞いている限りMC正社員はそっちの方向を見ている気がします。

 

 

が、それはこのバトルブームが続いていく前提の話です。10年後とかに「そういえばフリースタイルダンジョンって番組流行ってたなぁ~」みたいになっていたとしたら全然お話にならないわけですね。

このままライト層から飽きられて元の場所に収束していく可能性だってあると思います。業界の人たちは勝負の時代ですね。自分もHIPHOPを発信するもののハシクレとして少しでも多くの人をこっちに引き込まねば、、、