レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

RUMI【ラッパー解説】若くしてZEEBRAをディスったフィメールラッパー台頭のパイオニア

f:id:asukaksk:20170905181912g:plain

考えてみれば今まで女性のラッパーを1人も解説していなかったので、そろそろ誰かを紹介させていただこうと思ったのですが最初は誰にしようか悩みました。

ってことでフィメールならまずこの人を紹介しておかなければならん!ってことでRUMIさん(ルミ・以下敬称略)を紹介させていただきます。

2000年代に漢 a.k.a. GAMI率いるMSCのメンバーとの客演や、その前に活動していた般若(ラッパー般若ではなくその前身のグループ・後述)での活動でおそらくはフィメールラッパーとしての存在を確立した最初の世代です。

そんなフィメールラップ界の第一人者の彼女の魅力を今日は解説させていただきます。

 

 

ジブラに直接渡したディスソング

彼女のHIPHOPシーンへの最初の登場はラップグループ『般若』というRUMI・YOSHI(今のラッパー般若)・DJ BAKUのZEEBRAへのディスソングが最初かと思います。

YOU THE ROCK★とのラジオ番組『TOKYO FM HIP HOP NIGHT FLIGHT』ZEEBRAが「リュック背負った女の子にデモテープ渡されてさー、聞いてみたんだけどさー・・・」と言って流された曲はなんとジブラへのディスソング。

 

まだ若かったジブラとはいえ、放送では「ついに俺らも噛みつかれる側になったって事か」と大人な振舞いだったのですが、結構内心ムカムカきてる感じは音声からでも伝わってきました。

しかもこの後YOSHI(今の般若)に放送中生電話をかけるというなかなか攻めた展開になり、その時の般若も17才。怖いものなしな態度で当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった2人に対してもかなり生意気な態度で接します。

これはジブさんにさらに怒りを注いだようで放送終盤は結構マジトーンでジブラが般若「おい、お前ら気合い入れとけよ、マジで・・・」と声をかけるのですが般若「気合い入れとけ!」と逆に返す始末。般若のイケイケ度合いはとてつもなかったです。

 

結局このグループ『般若』は解散してしまいますが、後にこのRUMI・般若・DJ BAKUの3人は日本のヒップホップシーンに欠かせない存在となっていくところを見ると、この出来事は歴史の大きな1ページとなっていてとても感慨深いです。

 

自分はこの時代からフィメールでラッパー、しかもストリートスタイルで活動していた人をほとんど知りません。知ってるとすれば八王子の『姫』というラッパーくらいで、COMA-CHIなどが出てくるものまだまだ先の話でした。

 

 

MSCとの共演・ソロ活動


2000年をまたぎ、21世紀に入ると現9sariグループ代表漢 a.k.a. GAMI率いるMSCが『新宿スタイル』をひっさげストリートで台頭し始めます。

この頃から元『般若』のRUMI・DJ BAKUはMSCと共に活動しており、彼らの客演にも2人の名前が度々出てくるようになってMSCの知名度と比例するようにファンからも知られる存在となっていきます。

 

彼女のラップは女性らしさを武器にしたスタイルではないのですが、やはり彼女にしか書けない女性ならではの毒っぽさや皮肉などが散りばめられた非常に斬新なスタイルです。

絞り出すような彼女独特の声も当時のMSCの暗い感じに非常にマッチしていて、一気にシーン・ファンから注目される存在となり、この2000年代にこのRUMIスタイルは完全に彼女のオリジナル表現として確立されます。

 

ちなみにDJ BAKUとは2008年に結婚し結ばれましたが2年後に離婚しています。

 

 

カッコイイ女RUMI

RUMIは恋愛のような記号的な女性表現もそんなにしないし、女性らしさをアピールするタイプのアーティストではないので、『可愛さ・色気』などの『女を武器にする』表現が嫌いな層にもかなりおススメなアーティストです。

彼女は顔も美人なのですがカッコイイ女性というイメージですね。ちなみに女性のラッパーは美人がかなり多いですよ~、、、これからはフィメールラッパー少しづつ紹介していきます。ってことでRUMIを是非チェックよろしく!

 

他にもたくさんのラッパーを語らせてもらってます。良かったらこちらから覗いてやって下さい。ラッパー解説 カテゴリーの記事一覧