レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

【犯罪も肯定?】「ラップ好きだけどHIPHOP好きじゃない」とはどういう意味なのか?

f:id:asukaksk:20170902181332p:plain

コアなヒップホップファンがたまに「あいつはHIPHOPじゃない」とか口にするのを聞いたことがありませんか?これってどういう意味なのかちょっとあーだこーだ語ってみようと思います。

 

 

HIPHOPではなく『ラップ』が流行っているだけ?

少し前になりますがヒップホップラジオ『WREP』でフリースタイルダンジョン初代モンスターでもお馴染みT-PABLOW(ティーパブロ)やYZERR(ワイザー)らの所属するグループBADHOP(バッドホップ)の番組『CHOOSY TUESDAY』でこんなやりとりがありました。

 

メンバーの誰かが「最近日本でもヒップホップが流行って来てるよね」みたいな事を言った時にティーパブロ「いや、ヒップホップっていうかラップが流行っているだけだと思うんだよね」みたいなやり取りがありました。

これを聞いていて自分は「さすが面白いこと言うなぁ」と思ったんですが、よく分かんない方から見れば「はぁ?」みたいな感じじゃないですか?何が違うの?みたいな。

 

 

『ラップ好き』とは

『HIPHOP好きというよりラップ好き』というのは、例えば音源を聞くときに「このラップの韻の踏み方が上手い」とか「トラックがいい」とかそういったテクニックの部分だったり単純な音の部分が興味の主軸だったりするスタイルのリスナーだと自分は考えています。

 

これはMCバトルでも同じことが言えます。「相手をどれだけ言い負かしたか」だったり「押韻が上手」といった単純な『言葉のぶつかり合い』を求めているファン層だったりを指しているとも言えると思います。

 

 

『HIPHOP好き』とは

では文化としての『HIPHOP好き』というのはどういったものかと言うと、「この人はどういった生き方をしているラッパーなのか」「言葉に嘘偽りがないか」「等身大の自分をさらけ出しているのか」といった事を重要視します。

極端な話をすれば、ラップが下手でも音程が外れていてもありのままの自分を表現している事がリスナーに伝わればカッコイイと思う事も全然あるという事ですね。

 

実際MCバトルでも韻とか全然踏めてなくてラップが下手なのにそっちの方に歓声が挙がって勝ってしまう事というのは多々あります。これはお客さんに自分のスタイル・思考がしっかりと伝わった『ヒップホップ的な勝ち方』と言えます。

 

 

どっちがエラい訳でもないし100-0論でもない

こういう話をするときだいたいいわゆる『ラップ好き』を馬鹿にする人がよくいるんですが、それもどうかと思うんですよね。最近の『フリースタイルダンジョン』や『高校生ラップ選手権』ブームでラップを覚えた人に対しての自称音楽通の上から目線はかなり微妙と思います。

そもそもその権威主義的な考えがHIPHOPじゃないですから矛盾してて本末転倒なわけですね。なのでこういうのは気にせず好きなものを聞けばいいと思います。

 

あとは『ラップ』なのか『ヒップホップ』なのかってのも、ゼロか百かの話ではないですしそもそも現在活躍してる人は『ラップも上手いしトラックもカッコイイしHIPHOPも感じる』人ばかりです。

 

 

反社会的な事も武器にする事があるサブカルチャー


ヒップホップアンチの方々はこの部分が一番嫌悪を感じるところではあるかと思いますが『文化的視点』と『社会的モラル』というのはまた別個の話になるという事を軽く頭の片隅に入れてもらえると嬉しいです。

 

前にヒップホップとパンクは似ている?共通点はあるのかないのかという記事を書きましたが『ドラッグで破滅していくニヒリズムな生き様』にカッコよさを感じるパンクファンもいるわけですが、ドラッグは犯罪ですね。

ヒップホップの文化の1つであるグラフィティ(街にスプレーで書いてるアレ)だってその辺の街中でやってしまっては迷惑行為ですし犯罪です。ですがそれと文化的側面をごっちゃにしてしまうとカルチャーそのものを否定してしまう結果となってしまうんです。

 

ヒップホップには多少反モラル行為が武器になっている側面もあるからこそサブカルチャーとしてここまで大きくなったという''部分もある''って事で、少なくとも『ワル=ヒップホップ』という偏見はかなり穿った見方です。

 

とりあえず「ヒップホップって、悪そうな奴はだいたい友達♪ってやつでしょwwwププーwww」って方はとりあえずR指定とDJ松永のCreepy Nuts(クリーピーナッツ)がおススメだ!

彼らは「学生時代は2軍メンバーで冴えないしモテないしさー、その上ヤンキーとか喧嘩とかマジ勘弁してほしいんすよね~」といったようなちょっとひねくれた視点がとても面白いですよ。

彼ら自身そういった過去を飾る事なくそのまんま言ってるんでリアルだし、そういった等身大の自分を表現しているところはまさにヒップホップです。

 

とりあえずラッパーにも色々なタイプいるんでその辺これからも紹介してきますね。

ラッパー解説 カテゴリーの記事一覧

最後まで読んでいただきありがとうございました。