レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

DOGMA(ドグマ)【ラッパー解説】18禁のストリートラップ!MSCからの刺客ドグマの黒いスタイルはかなりヤバい!

f:id:asukaksk:20170812033519g:plain

今回は漢 a.k.a. GAMI率いるヒップホップグループMSCの別働部隊SATELLITE(サテライト)からの刺客、杉並出身のアウトローラッパーDOGMAさん(ドグマ・以下敬称略)の紹介です。

SATELLITEとしてのしての活動は休止中ですが、現在9sariグループの一員としてソロ音源のリリースや客演などで引っ張りダコとなっている人気ラッパーです。

最近はアウトローなストリートスタイルのラッパーを紹介してなかったのでそろそろ誰か紹介したかったという事で彼をビガップします。黒いそのスタイルでヘッズから人気のDOGMAの魅力を解説させていただきます。

 

 

もはや18禁の黒いスタイル

黒い、黒いぜ

 

2011年に彼がMSCの別働部隊SATELLITE(後述)として日本のヒップホップシーンに登場した時は衝撃を受けました。本当に「突如現れた!」という感じです。

自分はMSCのファンなので音源はずっとチェックしていたのですが彼DOGMAの存在はそれまで全く知らず、それ以前はバトルに出ていたこともあったようですが2011年以前はファンもDOGMAを知る人はほとんどいなかったと思います。

 

MSCらしいどんよりとしたトラックに非常にマッチする声とフロウは一気にヒップホップファンの間でも話題となり瞬く間にその名をシーンに轟かせたと思います。

歌詞の表現なども「俺はストリートから這い上がった!」みたいな定型的なものとは全く別でDOGMAならではの『大人の悪さ』のようなものが漂うブラックな色が特徴です。

小学生とかでDOGMA聴いて影響受けたらかなりヤバイ大人になりそうです

 

 

MSCの別働部隊SATELLITE

2番目に歌ってるのががDOGMAです。昔はちょっと太ってます

 

SATELLITEは『衛星』という意味の英語ですが、口語で『付属する、補助的な』といった意味で「本社から離れたサテライトオフィス」だったり「空港のサテライトターミナル」といった使われ方もします。

本人たち曰く「MSCのパシリみたいなものなので、サテライトと名乗る事にしました」という事で結成された少佐・SAW・DOGMAの3MCで構成されるこのグループから発売されたアルバム『FULL SMOKE』はヘッズの間でも話題となりました。

 

MSC系列のラッパーは『リアル』を歌った生き様が魅力ですが、単純にスキル的に見てもラップがホントに全員超上手いです。少佐はMSCの他の音源でもたまに登場していますが、このアルバムで初めて聞いたSAW・DOGMAもご多分に漏れずかなりカッコよく、ビックリしたのを覚えています。

 

 

バイオレンス映画の俳優やってほしい

小さい頃から父親の影響でバイオレンス映画や戦争映画にハマっていたという事ですが、小学校ですでに『パルプフィクション』(タランティーノのマフィア映画)に夢中になっていたというからなんとも将来有望です笑。

上で紹介したSATELLITEのFULL SMOKEのPVも『冷たい熱帯魚』を引用していますし、『啓示の書 / JUNKMAN feat. DOGMA (Prod. WATAPACHI)』や『Trust No Bitch / DOGMA (Prod.Flammable)』のPVを見る限りかなり役者として映えそうな気がします。

 

ラッパーの中ではD.O(ディーオー)がすでに『HO~欲望の爪痕~』という映画の原案として携わっていますが、DOGMAも映像関係に是非チャレンジしてほしい、ってゆーかDOGMAが作ったバイオレンス映画とかめちゃくちゃ見てみたいです。

そしてそれをRHYMESTER(ライムスター)宇多丸が『ウィークエンドシャッフル』で評論するというHIPHOPファンには黄金の流れが見たい!

 

 

ダークな気分になりたい時に是非

ヤクザ映画やバイオレンス映画を見る感覚で、音楽でもちょっとダークな気分に浸れるのがDOGMAの特徴ですので普段の生活などで嫌な事があったりイライラした時などは是非彼の曲で自分の悪の部分を解放させてストレス解消してください笑

ちなみに前回のSKY-HI(AAA日高光啓)とはまた違ったタイプの男前なのでワイルドな男が好きな女性の皆さんも是非チェックしてみて下さい。

 

 

他にもたくさんのラッパーを語らせてもらってます。良かったらこちらから覗いてやって下さい。ラッパー解説 カテゴリーの記事一覧