レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

ヒップホップとパンクは似ている?共通点はあるのかないのか・・・

f:id:asukaksk:20170713143454p:plain

 

この前久しぶりに昔の友達と会ったのですが、彼は大のパンクロックファンです。

彼が若い頃の人に対しての誉め言葉は「お前アナーキーだな」で、

ディスる時は「あいつはパンクじゃねえ」でした。。。

まあヒップホップでいうところの「あいつはリアルだ、フェイクだ」的なニュアンスなんでしょう、とりあえずパンクパンクうるせえヤツでした笑

 

18、19才くらいの頃

「なんだよそのモヒカン、ギャグだろ」

「オメエのそのダボダボもギャグだろ?」

みたいな感じでお互いからかっていたらマジになり殴り合いになった事もあるという知能指数も偏差値も猿人並みの野郎2人が10年以上の時を経て再会した訳です。

 

久々に会って双方共に決定的に変化していた部分

人の話をある程度聞けるようになったということです笑。

 

特に彼は結婚して子供もいて今は接客業に従事している事もあり立派な社会人になっていた・・・

一方『レペゼン社会不適合者』とか言ってる俺・・・|д゚)

 

 

前置きが長くなりましたがそんな彼もパンクロックが好きだというのは今も変わっていない様で、お酒が入って饒舌になり楽しそうにパンクを語る彼の話を聞いていると「思想はHIPHOPに似ている部分も少しはあるんじゃなかろうか」と思ったんですよ。

当時は興味すら持とうともしませんでしたが結構話が面白かったので場を借りて話させていただきます。

 

ただ、自分はロックのロの字もパンクのパの字も知らず、彼から聞いた話とこの記事を書くために自分で調べた程度のつたない知識をもとに語りますんでその辺はどうかどうかお手柔らかにお願いします

 

 

音の好みの価値観は置いておく

彼の話を聞いていて自分が全く興味のなかったパンクというものに少し親近感が湧きました。

しかし自分が今からパンクを聞いてすぐ興奮できるのかと言えばそれは微妙なところではあります、その逆も然り。

ルーツや思想はさておきバンドで構成される音楽と、MCがDJのトラックのにのせてラップする音楽とでは音の楽しみ方にかなりの開きがあると思っています。

昔から色々なジャンルを聞いていた人は違うかもしれませんが特に自分は偏った音楽趣向のまま大人になったので、バンドを聞いても感覚的にアガりにくいです。

逆にゴリゴリのPUNKSはHIPHOPを聞いても何がカッコいいのか全く分からないでしょう。

でも、これをキッカケに自分もロックにも興味を持てたらとても嬉しいと思っています。

恋愛で言うと「ストライクゾーン広がったら世の中がより楽しくなるだろうな」みたいな感じですかね?

 

 

少し似ていると感じた部分

文化である

パンクファンには非常に失礼ですが自分は『パンク』というのはロックの中の一つのジャンルくらいに思っていました。

しかしそうではなくファッション、アート、ダンスと共通の精神を持った1つのカルチャーであるという事で非常に似ている部分も多いなと思いました。

やはり強大なサブカルチャーはどれもその思想に特化した洋服やアートにまで反映されるんですね。ダンスまであるとは・・・まったく知りませんでした。

 

強い自己主張

彼曰く、パンク精神ってのは「大衆の目も世間の常識も気にせず自分の信念を正直に主張した生き方をしているヤツの事をいうんだ」と言ってました。

なるほど、、、それはまさしくヒップホップ精神そのものではないか!

しかしよくよく話を聞くとその根底にあるものは似て非なる気もしました。

ヒップホップは成り上がり精神が根底にあるので一見アウトローなものでもその主張は基本的にポジティブな方向に向かっていくようなものが多いです。

それに対しパンクは『NO Future』という言葉にもあるように破滅する事すら辞さない、それすらも美徳とする部分もあるというのはパンクの凄い所だと思いました。

虚無主義のようなネガティブな思想をヒップホップで主張する事はあまりないかと思います。 

 

権威主義への反逆精神

 「上手い演奏?綺麗な歌声?そんなもん関係ねえ!これが俺達だ!」という主張で産業的な音楽に反旗を翻したパンク台頭の歴史を聞いてめちゃくちゃカッコイイと思いました。

お金もない、育ちも悪いヤツらの『持たざる者』が生み出した文化はヒップホップにとても似ていると思いました。

権力や社会の一般的な常識に対しての不満など包み隠さずに吐き出すところなど、共通点も多いなと思います。

印象としては訴えかけるような感じのヒップホップに対しぶっ壊す感じのパンク、というイメージを持ちました。

 

 

知らない世界を知った

野球で例えるなら「バットというものとボールを使うスポーツらしい」くらいしか分かりませんがとにかくパンクというのはめちゃくちゃアグレッシブな精神という事は分かりました。

誰にも媚びない徹底した自我の主張、ギターでぶん殴ったりファンに唾吐いたりってのはそういう意味だったんですね・・・ハンパないです。

ただ、最近はメロコアのようなポップパンクというのもある様で色々なスタイルがありパンクの定義も広がってるのでしょうか?

とりあえず、ちょっとこれをキッカケに色々聞いてみる事にします。

おススメのバンドとか知ってましたら教えて下さいm(_ _)m