レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

「日本語ラップがダサい」と言われる理由を考えてみた【その1】

今回はHIPHOPファン、というよりラップファン、というより日本語ラップファンなら一度は言われた事があるであろう

「日本語でラップとかwwwププーwww」というディス。

HIPHOP自体に興味がない人もそうなんですが、悲しいのは海外(英語の、というかアメリカの)ラップを好きな人が「日本語ラップはダサい」とか

「HIPHOPという文化(ラップ・DJ・ブレイクダンス・グラフィティアート)は好きだけど日本人のラップはない」とか、結構同じ村の人たちからも風当りが強い事です。

 

自分も

「へぇーヒップホップ好きなんだ、誰聞くの?」

「〇〇です?」

「え?誰それ?ああなんだ日本人か・・・( 一一)」

みたいな経験は数えるほどあります。

 

なぜここまで日本語ラップを嫌う人が多いのか、今回はその問題に向き合って考えてみたいと思います。

「そんなことないよカッコイイよねぇ」という人も

「いやいやどう考えてもあれはイタいスわ」という人にも読んで頂きたいです。第一弾は言語の性質についてお話しします。

f:id:asukaksk:20170618075532j:plain

 

言語の性質の問題

リズム悪い

まず何から話そうか迷いましたが、言語の問題からいきます。これは聞き心地にとても関係する部分で日本語がダサく聞こえる理由の1つでしょう。よく「日本語のラップはリズム悪くて聞いてらんない」という意見をも多く聞きます。

確かに英語のラップはとても滑らかに聞こえるのに対し、日本語はなんか野暮ったい、重たい印象を受けます。

自分としてはこの野暮ったい滑らかじゃない感じがカッコイイんですがね・・・まあ、それはちょっと置いといて、少し英語と日本語の性質の違いをお話ししようと思います。

 

『音節』と『拍』

英語は音の単位を「音節」という概念で捉えるのに対し、日本語は「」という概念で捉えます。例えばコンピューター『computer』だったら英語だと

com・pu・ter3音節で、ひらがなで無理やり書くとすれば

こん・ぴゅう・たーとなり

英語の概念ではこの単語をこれ以上細かく切る事が出来ません。

それに対し日本語は

こ・ん・ぴゅ・う・た・あ6拍となります。

日本の単語でも同じことが言えます。『こんばんわ』は英語圏の人が聞くとおそらくkon・ban・wa3音節と捉えます。

ですが日本人はこ・ん・ば・ん・わ5拍す。

何が言いたいのかというと英語よりも日本語の方が音の途切れが多くこれがリズムに大きく影響しているってことです。

英語のラップ、というか普通の会話でもいいんですがリズム的には

「タンタターン、ターターター、タターン」みたいな感じなのに対し

日本語は「タタタタタタタ、タタタタタタ、タタタタタ」

みたいなリズムになり英語と比べると非常に滑らかさに欠けます。

これが『リズム感のなさ』を感じる大きな要因ではないのかと思います。

 

英語っぽい日本語とコテコテの日本語

そういった意味では最近の日本人のラッパーの中には日本語を英語っぽく発音する人がいたり、英語が堪能で日本語と混ぜたバイリンガルラップをする人が増えて日本語のリズムのなさを補うフロウを奏でるアーティストもいます。

前述しましたが個人的にはもうゴリっゴリの和製ラップ「あ、い、う、え、お、か、き、く、け、こ」みたいな泥臭ーい日本語!って感じのフロウの方が好みです。

なので自分の場合は外国語の場合英語よりも発音が日本語に近い韓国語ラップなんかのほうが結構聞き心地がいいです。フロウだけ気にして聞くわけではないので曲のカッコよさとはまた話は別ですがね。

 

でもこんなことは小さい事

今回は日本語ラップがなぜダサいと言われるのか、英語と日本語の違いの話からあーだこーだ語らせていただきました。

ですがアンチが多い本当の理由はリズムどうこうではなくそんなことは小さい事でまた違った所にあるのではないか、という事について次回はお話しさせていただきます。

 

【その2はこちら】