レペゼン社会不適合者

街からはじかれた社会不適合者Kayan-DDがHIPHOPの情報、アーティスト紹介などをしていきます

般若【ラッパー解説】フリースタイルダンジョンのラスボス般若の魅力

f:id:asukaksk:20170611112908g:plain

今回は、現在大人気のフリースタイルラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』のラスボスでおなじみの般若さん(以下敬称略)の紹介です。

番組内でも個性的なユーモア溢れるキャラクターとバトルでの熱いバイブスで多くのファンを魅了する般若。

最近では芸人・品川祐が監督を務める映画に出演したりサントリーの生ビールの「泡の達人」を演じるなどヒップホップシーン外でも活躍。

Reebok FITNESS BATTLE RACEとコラボしそのオフィシャルソングも手掛けたりと現在引っ張りダコのこの男を紹介させていただきます!

 

イケイケの不良ラッパーだった妄走族時代

自分が最初に彼を知ったのはもう十数年以上前になりますが2000年代初頭に活躍したグループに『妄走族』というメチャくちゃハードコアなグループがあったのですが(2015年解散)そのメンバーでもひと際ヤンチャで目立っていたのがこの般若でした。

HIPHOPはアメリカから来た文化なのでもちろんその影響もあり日本のアウトロー臭漂う怖そ~なグループもアメリカ的なギャングっぽい感じが多かったんです。

が、この妄走族はなんといいますか、ヤンキー感?というか日本的な不良がラップやってるって感じが強かったイメージがあります。

BBP(ビーボーイパーク:毎年開催されるヒップホップイベント)で彼らを見た時は断トツでガラが悪かったのを覚えています・・・。

f:id:asukaksk:20170611124035g:plain

悪そ~|д゚)

 

しかしながら強烈なキャラクターだけが売りなわけではなく、スキルの高い個性的なラップをするメンバーが多く徐々にシーンからも評価が高まっていき、次々にメンバーがソロデビューしていきます。

その中でもこの般若は2003年になんとあのZEEBRAから客演の声が掛かりその曲が大反響を呼びます。ここから彼の名は一気に全国に広まり、「やべーヤツが出てきた!」と全国のヒップホップファンを唸らせました。

ちなみに丁度このころの2002年のBBPフリースタイルバトルで準優勝しています。般若を破って優勝したのはあの男!同じくフリースタイルダンジョンのモンスター漢a.k.a.GAMIです(当時はMC KANという名前でした)。

 

ソロデビューから徐々に今のスタイルを確立

2004年に初の1stソロアルバムが出ます。自分も結構楽しみにしていて発売されてすぐに聞いたんですが、当時の印象としては結構意外だった思い出があります。

前述の通りこれまでは結構イケイケの不良っぽいラップが多かったのでアルバムもそんな感じなのかと思ってました。どちらかと言えば今の彼のスタイルの原点というべきまさに般若1stソロアルバムって感じです。

なので最近般若を知った人が聞けば「ああ確かに般若っぽい、けど若い感じだね」という印象かと思うんですがリアルタイムで聞いた人は「剛速球投げてくると思ったら変化球投げてきやがった!」的な感じですかね。

今のあの熱さとユーモアを兼ね備えたあの般若スタイルはここから始まったと言えます。しかもこの年はなんと長渕剛との共演も果たしています

 

 

エミネムっぽい??

これは完全に余談なんですが般若ってスタイルがエミネムに似てると思いません?共通点めっちゃくちゃ多い気がするんですよね。

  • 漂うカリスマ性
  • おちょくるようによくディスる
  • フリースタイルうまい
  • ワークアウト
  • シリアスとユーモアのバランス
  • 危なそうだけどいい人そうな感じ
  • 狂ってるようで社会性持ち合わせてる感じ

 

影響受けてるんですかね?それともたまたま?

 

ってことで今回は般若さんの紹介でした!ちなみに自分は彼と誕生日が一緒なんですが「誕生日が一緒の有名人って誰かいる?」「あ、俺般若と一緒なんだよ凄くない?」「誰それ?」「・・・(´・ω・`)」ってよくなります残念でならないです。

 

他にもたくさんのラッパーを語らせてもらってます。良かったらこちらから覗いてやって下さい。ラッパー解説 カテゴリーの記事一覧